ポップアップテント&レジャーシート

LINEで送る
Pocket

購入希望の条件

ポップアップテント(とにかく手軽)
オールクローズ(完全に締め切れるタイプ)
オールメッシュ(虫がはいらない)
前後フルオープン(風通しの良さ、出入りの便利さ。)
180センチ×150センチ 以上(昼寝できる大きさ)

※ポップアップテントは手軽さが最大のメリットかと思います。
コンパクトに運べるにこしたことはないが、居住の快適さを重視すると上記のサイズになる。
実際、持ち運びに関しては少しかさばるが、どうせ持って行くならそのあとの居住性を重視したい。

悩んだ末に、これに決定。
GWは天気も良いとのことで、早めの購入に向けて動いた。
快適さを重視し、ポップアップテントに合わせてレジャーシートも欲しい。

テントサイズピッタリのシート(200×200位)がなかった。(シートのみの利用も考え最低サイズは180×180センチ位で探してみた。結局少し小さめのものを購入)
結果、大正解!
→ポップアップテントの下サイズ丁度で買った場合、しっかりと設営しないとダメ(結構面倒臭い)。少し余るくらいがシートを引くのに丁度良い。

◆購入したのは、テント下サイズ(幅200x奥行180-275cm)に対し、レジャーシート(200×170cm)を幅側を170cmでテント本体から少しはみ出して奥行き200cmで使った。

希望の商品ありました!

ポップアップテントとレジャーシートを購入
●Villimetsa テント ワンタッチ ポップアップ メッシュスクリーン
●コールマン レジャーシート

phot-tent

グレーで正解!色の雰囲気は暗くはないです。

ポップアップテント レジャーシート

レジャーシートとのセット

ポップアップテント

超手軽に運べます。そんなに大きくありません。

Villimetsa テント ワンタッチ ポップアップ メッシュスクリーン LOWYA(ロウヤ)/4,990円

(追記)※値段は2018年GW前で少し安かったみたい。現在は5,519円で売っていた。
作りは良いが、風には弱いので海辺ではどうかな…。



【サイズ】幅200x奥行180-275x高さ125cm
【重量】約2.6kg
【素材】フレーム:ステンレス鋼 張地:ポリエステル100%
【セット内容】テント×1個、収納バッグ×1個、ロープ×4本、ペグ×10本
【梱包サイズ】幅62x奥行61x高さ6cm(約3.2kg)
【備考】ピンク/グレー、レッド、グレー、ブルー、ネイビー、グリーン
【商品】:NEWヴィリメッツァ(ポップアップテント)[200]】

◆ペグの使用について → メーカー(販売店)では推奨。使う方の判断となりますが、風がない場所でテント内で留守番する人がいれば、重しとなるのでペグ打たなくても大丈夫でした。でも簡易な作りなのでフレームは柔らかい為、そのままでは風に弱い。テントから離れて遊ぶ可能性がある場合や、テントをピンと貼りたい場合は必要かな。
※日中風がなくても、ペグは持って行った方が良い。ペグを打つのと打たないのでは、強度が全く違います。一度試してみるのもいいかもね。

中から見ると、開放口の高さはもう少しあった方が良い気がする。

サイドメッシュはかなりオススメ!風の入り方が違います。

※立ち上げあったかもしれません。また今度確認します。

近くの公園で芝生の上で使うなら、100円均一のプラスチックのペグが良いかも。

コールマン レジャーシート(くすりのみかん)/2,230円

【サイズ】使用時/約200×170cm、収納時/約直径15×45cm

【重量】約1.2kg
【素材】表地/アクリル、インナー/PUフォーム、裏地/PVC→PEVA表記でした(ネット上ではPVCとなっていましたが、説明書上はPEVAとなってました。)違いは、よくわかりません。今度調べてみます。
※裏地でよく使われる素材の強度 → PEVA???

コールマン レジャーシート

商品に添付されていた説明書

折り畳んだマットを持つ取手は無いので、そのまま運ぶ方は別に用意する必要あり。我が家の場合は、ポップアップテントは肩にかけ(ベビーカーにも載せられる)、レジャーシートはリュックに入れて運んだ。